更年期障害

更年期障害の治療薬に副作用はある?

治療薬

更年期は誰にでも訪れるものですが、その症状は人それぞれです。

中には日常生活に支障が出るほどの体調不良に悩んでいる人も少なくありません。

このような更年期障害は治療を受けることで多くを改善できますが、

どのように行われ、どのような効果が得られるのか、気になりますね。

ここでは更年期障害の主だった治療法の効果副作用を中心に、詳しく解説していきます。

 

更年期障害とは?

更年期障害自律神経の乱れと、

性格や環境といった要因が絡まり合って発症すると言われています。

更年期は閉経を挟んだ前後5年ずつ…日本人では多くの人が45~55歳ごろに迎えます。

この年代に卵巣の機能が低下しはじめ、

エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が減少することが更年期障害の引き金になるのです。

このことが自律神経の調節機能を乱し、様々な体調不良を引き起こします。

自律神経とは発汗・体温調節、呼吸、消化、代謝など

自分の意志とは無関係に働く様々な機能をコントロールする神経系です。

一方、「エストロゲン」の分泌調整は脳の視床下部の支配を受けています。

通常は脳の指示があると卵巣からエストロゲンが分泌されるのですが、

機能が低下していると指示があっても必要な量を分泌することができません。

すると、指示を出した脳が混乱してしまうのです。

脳が混乱すると、同じく支配する自律神経にも影響が及んでしまい、

体の調節機能が上手く働かなくなってしまうのです。

 
ただし、更年期障害にはこのような体の状態に加え、

性格や環境などの要因が深く関係していると見られています。

更年期世代の女性は子供の進学・就職、夫の退職、両親の介護など

多くのストレスを抱えやすい時期と重なりますね。

エストロゲンの低下とこれらのストレスに加え、その人が心配性・神経質・ネガティブな性格などであると、

より発症の可能性が高まると言われているのです。

 

改善できる症状

更年期障害は個人差がとても大きく、

全く症状がないまま更年期を終える人がいる一方、辛い毎日を送る人もいますし、

複数の症状を抱える人も、1つだけの人もいます。

しかし、多くの人に見られる症状は次の通りです。

《更年期障害の主な症状》

  • 生理不順
  • ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 冷え
  • 肩こり・腰痛・関節痛
  • 下腹部痛
  • 物忘れ
  • 尿トラブル
  • イライラ感
  • 憂うつ感
  • 倦怠感

このような症状があって婦人科や更年期外来などを訪れると、

血液検査を行い、血中のエストロゲンなどのホルモン量を調べてくれます。

これらの数値が明らかに低く、かつ問診などによって更年期障害と診断されると、

ホルモン補充療法」「向精神薬」「漢方薬」「カウンセリング」などの治療法が

症状に合わせて選択されます。

 

治療薬の効果と副作用について

どの治療法も受ける人の体質や環境などの要因で効果には差があり

数値的に同じ程度の改善が見られても「すごく効いた」「あまり効かない」など感覚の違いもあります。

医療機関では、医学的データと患者の希望の双方を踏まえて治療法の選択をしてくれますので、

もし不安や副作用の症状があるのなら我慢せずに相談してみると良いでしょう。

副作用はない方が好ましいですが、

軽微で、それを上回る効果が見られるのなら継続するという選択肢もあり得ます。

つまり、副作用は「あってはならない」のではなく、

「あったとしても弊害が少なく快方に向かっているのなら治療法として価値がある」ということです。

ただし、医学的には価値があると判断されたとしても、

患者自身がその副作用による苦痛やストレスを受け入れられないのであれば、

QOL(生活の質)を重視して治療法を変更してくれることもあります。

近年では“インフォームドコンセント”として治療方針とそのリスクについて説明し、

患者の同意を得るようになっています。

説明を求めるのは患者の権利ですから、気になることがあれば遠慮なく聞いてみることが大切です。

では、更年期障害の治療法の効果と、副作用などのデメリットについて見ていきましょう。

ホルモン補充療法(HRT)

欧米では普及している治療法で、日本ではまだまだ少ないものの、

治療を受ければ8割の女性で改善がみられるという効果の高い方法です。

更年期障害のうち、もっとも多く見られる“ホットフラッシュ”や

それに伴う“不眠”などに対して特に効果がありますが、

肌や膣などの乾燥を防ぎ、女性らしさや若々しさを保つといった効果も見られます。

また、骨密度が低下する“骨粗しょう症”の予防や、

高脂血症”、“動脈硬化”、“アルツハイマー型認知症”などの予防にも効果的です。

補充には主として“エストロゲン”が用いられますが、

単体での長期投与を行うと子宮体がんのリスクが増すことが指摘されているため、

それを軽減するために“プロゲステロン”も併用する方法がとられています。

子宮の有無や症状、閉経後の経過年数などによって薬剤が選択されますが、

種類によって経口薬・貼付薬・塗り薬など服用方法は異なります。

体が治療に慣れるまでの1~2か月間は“マイナートラブル”と呼ばれる軽微な副作用が起こることがあり、

不正出血、悪心や嘔吐、乳房痛などがあります。

しかし、こういったトラブルは徐々に落ち着いていくものがほとんどです。

エストロゲンの補充は月経があったときの状態に近くなるわけですから、

排卵されていなくても月経のような出血が見られたり、乳房が張ったり痛くなったりすることは

若いときの状態に戻っただけで、悪影響とは言えないかもしれませんね。

ただし、閉経して月経から解放されたと思ったのに再開したことを煩わしく思う場合は、

医師に薬の量や回数を調整してもらうことで改善されることもあります。

副作用

一方、マイナートラブル以外の副作用もあります。

最も懸念されるのが、先ほども触れた“子宮体がん”のリスクです。

子宮がある人にエストロゲンのみを長期投与し続けると、

子宮内膜が増殖して子宮体がんリスクが高まるという報告があります。

しかし、プロゲステロンを併用することで発生リスクを非常に低く抑えられると言われており、

3か月以内の短期使用であればエストロゲン単体の投与でもリスクはないとされています。

過去には乳がんの発生リスクも高まると言われてきましたが、

国際閉経学会などの最新の調査によると、このリスクは見直されています

久光製薬㈱によると、「乳腺疾患の既往」「出産経験がない」「乳がん経験者の家族」といった要因の方が

HRTよりも乳がんになるリスクが高いそうですよ。

“HRT経験者に乳がんが増えるわけではなく、

むしろHRT未経験者に比べて乳がんになる危険性は半分以下だった”という報告もあるそうですから、

これだけを理由に治療をためらうのはもったいないですね。

ただし、ホルモン剤を投与することでエストロゲンの分解を行う肝臓の負担が高まることがあります。

このため、HRTを受ける場合は6か月くらいを目安として定期的

  • がん検診(子宮、できれば乳房も)
  • 肝機能検査

を行っておくとより安心です。

治療が行えないケース

HRTは既往歴によっては治療が行えないこともあります。

子宮筋腫・子宮内膜症・乳腺症などの重症者、乳がん・子宮体がん、

血栓による病気(肺栓塞・心筋梗塞・脳血管障害など)、肝機能障害の重症者は対象外となります。

さらに糖尿病では血糖値の十分なコントロールが必要ですし、

狭心症の既往歴がある人は症状を悪化させる可能性もあります。

HRTを開始する前に医師に既往歴を正しく申告し、リスクを回避することも重要です。

漢方薬

「HRTの副作用が心配」「既往歴があってHRTを受けられない」

「そんなに重症ではないけれど症状を軽くしたい」という場合は、漢方薬を勧められることがあります。

漢方薬に即効性はありませんが、体の根本にある不調を整える作用があるので、

全体的な症状を穏やかに快方に向かわせてくれます。

このため副作用もほとんどなく、安心して使える点が最大のメリットです。

 
漢方薬には体質や気質によって向き・不向きがあります。

また、更年期障害の治療も含め、投薬中の人は飲み合わせなどの注意も必要です。

できれば専門医に見てもらうのが一番ですが、

婦人科や更年期外来でも処方してくれますので、相談してみるといいですね。

ドラッグストアでも入手可能ですが、処方薬の方が有効成分の量が多いため、効果も表れやすいですよ。

向精神薬

向精神薬」とは、中枢神経に作用して心の働きに影響を及ぼす薬物の総称で、

“抗精神病薬”、“抗うつ薬”、“抗不安薬(精神安定剤)”、“睡眠薬”などの種類があります。

HRTはホットフラッシュなどの弊害により発生した2次的な精神症状に対して効果がありますが、

1次的におこる精神症状に対しては向精神薬が処方されることになります。

薬は更年期障害の症状の主訴により、適切な薬剤の種類を処方してもらえます。

例えば“不眠”の症状があったとしても、

それが不安感によるものなら睡眠薬ではなく抗不安薬を出されたりします。

 
「向精神薬」は脳や脊髄に作用するため、副作用や習慣性などが心配されますね。

日本精神科看護協会によると、向精神薬の種類や強度によって差はありますが、主な副作用としては、

  • 消化管の活動低下
  • 口の渇き
  • 便秘・排尿障害
  • 眠気
  • 血圧低下、頻脈、心電図異常などの循環器症状
  • 悪性症候群

などがあるそうです。

このうち最も重篤なのは“悪性症候群”で、発症は非常に稀ですが、

高熱・筋強剛(筋肉の強ばり)・意識障害などが起こり、死亡することもあります。

必ず用法・用量を守って服用しましょう。

医師の指示通りに使っていれば、習慣性も起こり得ません

向精神薬は更年期障害の辛い精神症状を和らげてくれる方法ですので、上手に薬とつきあうようにしましょう。

精神的に安定すればぐっすり眠れるので、他の更年期障害が快方に向かうこともありますよ。

カウンセリング

薬ではありませんが、上記の治療法と組み合わせて行われることが多いので、紹介しておきましょう。

日本ではあまり普及していませんが、「カウンセリング(心理療法)」も立派な治療法の1つです。

特に更年期障害の発症や症状の強さには、

エストロゲンの低下だけでなく精神的・心理的な要素も大きく影響することから、

カウンセリングの意義は大きいと言えるでしょう。

病院内にカウンセラーがいる場合もありますが、街中にもあります。

心の重荷になっていることを話すと気持ちが楽になり、更年期の症状が軽くなることも少なくありません。

信頼できるカウンセラーを見つけて相談してみるのも一つの方法です。

 
ただし、カウンセリングの際にはちょっとした注意も必要です。

カウンセリングを行う心理士・心理カウンセラー(相談員)・心理セラピスト(療法士)などには

国家資格がなく、多くは民間団体による資格となっています。

良心的な相談所も多くありますが、トラブルが起こることもあり、

悪質な詐欺まがいの事件に発展した事例もあります。

デリケートな話をしたい場合は心療内科医・精神科医に相談するか、

臨床心理士などを紹介してもらうのが良いでしょう。

最近では、更年期以降の健康への関心が高まり、

更年期専門の「メノポーズカウンセラー」という資格を持った人もいます。

“メノポーズ”とは閉経や更年期を意味する言葉で、

更年期のヘルスケアから医療制度まで様々な情報を提供してくれます。

有資格者には看護師・薬剤師・栄養士・医師などのほか、

運動・栄養・美容などのプロフェッショナルもいます。

更年期の悩みは非常に複雑なので、

個々の症状にあった解決策を提供してくれるカウンセラーとして注目されています。

 

社会的な副作用

更年期障害のどの治療についても言えることですが、

日本人女性には更年期の不調を受け止めようとする風潮があり、辛くても耐えて乗り越えようとします。

特に専業主婦は毎日家にいるという負い目もあって、我慢してしまうのではないでしょうか。

しかし、辛い毎日や症状のために、周囲に当たり散らしてしまうなどしてトラブルになることもあります。

これは更年期自体が引き起こす社会への副作用とも言えるでしょう。

 
それに比べると、女性の社会進出や自立、個々のQOL(生活の質)や人生を尊重する欧米諸国では、

更年期障害を積極的に解消しようとする傾向が見られます。

近年、日本でも更年期障害を病気として捉え、

更年期以降の人生も女性らしく生きようとする考え方が少しずつ増えてきました。

働く女性が役割を持つのと同様に、主婦は家族の要でもありますから、

女性が元気で明るくいることは、家族や周囲の人たちとの関係性を保つためにも大切なことです。

副作用などの心配もあるかもしれませんが、1人で悩まず、治療という選択肢も考えてみましょう。

関連記事

  1. 更年期障害

    更年期障害に漢方薬は効果ある?

    最近では身近になった「漢方薬」。特に「月経不順」や「更…

  2. 更年期障害

    市販薬を利用した更年期障害との向き合い方

    風邪をひいたとしても病院へは行かず、そのまま回復するのを待つこ…

  3. 更年期障害

    もう「イライラ」しない!更年期障害との付き合い方

    自分で感情のコントロールができないのは、本当に辛いことです。…

  4. 更年期障害

    不眠と更年期障害の関係 その理由と改善方法

    不眠に悩む人は多く、ある調査によると成人の約3割が何らかの不眠…

  5. 更年期障害

    更年期障害と体質の関係

    30代・40代になると、気になり始める「更年期」。友人…

  6. 更年期障害

    「冷え」が更年期障害を悪化?その理由と改善方法

    世代を問わず、多くの女性が抱える悩みに「冷え性」があります。…

更年期障害に関する記事

最近の記事

  1. 高血圧・動脈硬化

    高血圧で「めまい」はおきない?めまいと高血圧の正しい関係
  2. 更年期障害

    もしかして更年期障害?主な症状と隠れた病気
  3. 高血圧・動脈硬化

    メリットもデメリットも!高血圧の人におすすめの果物
  4. 高血圧・動脈硬化

    高血圧をきちんと治療するには
  5. 老眼

    老眼ってどうやって調べるの?~検査の方法や料金について~
PAGE TOP