更年期障害

胸が痛い・張る 更年期世代の乳房トラブルについて

月経の周期と共に胸の「痛み」や「ハリ」を感じる女性は多いと思います。

しかし、更年期になると月経とは無関係な胸(乳房)のトラブルが現れることがあります。

特に心配なのは「しこり」ですね。

ここでは、更年期に見られる乳房のトラブルについて、

考えられる原因と生じやすい病気について詳しく解説しています。

 

更年期と胸(乳房)の関係

更年期とは閉経を挟んだ前後5年間ずつを指します。

日本人の場合、50歳前後に閉経を迎える人が多いため、45~55歳くらいの女性が更年期世代といえますね。

更年期には卵巣の老化によって機能が低下するため、

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌量が急激に減少し始めます。

これが女性の心身に様々な影響を与え、いわゆる更年期障害が現れるわけです。

更年期障害には、のぼせ・ほてり・多汗などのホットフラッシュやめまい、イライラや憂うつ感など

体にも精神にも様々な症状が出ます。

その症状の1つが「胸(乳房)」に関するトラブルです。

胸というと心臓や肺などの内臓器官を示すこともありますが、

ここでは“乳房”に限定してお話ししていきますね。

 
胸は女性の象徴ですが、それゆえに悩みは多いもの。

特に月経周期によるトラブル(PMS)で、

胸の痛みやハリなどの不快感を覚えた経験がある人も多いことでしょう。

更年期に入ると、月経そのものがなくなったり周期が乱れたりするので

PMSによるトラブルは減っていくと思うかもしれませんが、

実際のところ、更年期を迎えたからと言って胸の痛みなどがなくなるわけではありません。

つまり、更年期には更年期ならではの胸のトラブルがあるのです。

主なトラブルについて、原因とともに紹介していきましょう。

痛い・張る

若い女性のPMSで多いトラブルが、胸の“痛み”“ハリ”によるものです。

でも、この症状は更年期世代の女性の、閉経前にもよく見られます。

月経は不規則になっていても、訪れるということはPMSも発症する可能性があるからなんですね。

女性の乳房は女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」によって発達します。

このプロゲステロンは、エストロゲンによって成熟した卵胞から分泌され、

乳腺の中にある血管を拡張させたり乳腺組織を一時的に増やしたりする作用をもっています。

通常であれば、プロゲステロンはエストロゲンと作用しあって増加と減少を周期的に繰り返しているのですが、

そもそも更年期とはこのホルモンのバランスが崩れた状態です。

そのためにプロゲステロンの分泌が収まらなかったり、分泌量が増えてしまったりすることがあります。

さらに、更年期にはホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響し、

これをコントロールできなくなることで血管の拡張・収縮の調節が難しくなっています。

血管の拡張が乳房で起こると、プロゲステロンが分泌されているときと同じような状態になり、

その結果として胸が痛い・張るといった症状が出やすくなることもあります。

それにより、乳腺の血管が広がったままになり、胸が張るという症状がでます。

プロゲステロンや自律神経の不調によって、胸が大きくなったというケースも見られますよ。

 
また、もともと胸のトラブル以外に重い更年期障害を発症していて、

その治療のために「ホルモン補充療法」を受けている場合、

その初期のトラブルとして胸の痛みやハリが現れることがあります。

検査を受けて異常がなければ、やがて落ち着いてきますので、

様子をみるか、医師に相談してホルモン製剤の量を調節してもらうと良いでしょう。

小さくなった

本来、乳房は赤ちゃんを育てるための母乳をつくる臓器です。

母乳の分泌は発達した乳腺や腺房で行われるので、排卵後は妊娠に備えてこれらの機能が促進されます。

この作用を持つ中心的なホルモンが「プロゲステロン」です。

プロゲステロンは成熟した卵胞が変化して生じる“黄体”から分泌されます。

しかし、卵胞が成熟するのには「エストロゲン」が必要なのです。

つまり、更年期に入った女性はエストロゲンの分泌量が減っていたり、不規則になったりしているので、

プロゲステロン量の減少にもつながってしまうわけですね。

 
乳房の発達と深い関りを持つプロゲステロンの量が減ってしまうと、生じる変化が“胸の委縮”です。

更年期に入ると現れるバストにハリがなくなったり、垂れたり、小さくなったり…といったトラブルは

おきて当然ともいえる現象なのです。

バストのサイズダウンは痛みなどの不快感を伴うわけではありませんが、

女性らしさの喪失感や下着が合わなくなるなどのトラブルで悩む女性は少なくありません。

自然現象ではあるので仕方がないと諦める人も多いですが、

マッサージやエクササイズによって胸のハリや弾力をキープし、

大胸筋のトレーニングによって胸が垂れたり横に広がったりしないように努力することは可能です。

女性らしいスタイルを維持したい人は、実践してみましょう。

しこりがある

胸のトラブルの中で一番気になるのが「しこり」ではないでしょうか。

医学的にいうと、しこりとは手で触ったときに感じる“かたまり”のことで、

正式には腫瘤(しゅりゅう)といいます。

体の様々な部位に発生しますが、自覚できるのは比較的体表の近くにできたもので、

豆粒サイズに成長していないと見つけにくいと言えるでしょう。

しこりには手で触ると動くもの、動かないもの、柔らかいもの、硬いもの、痛みの有り無しなど様々あります。

こういった“しこり”は乳房にも生じることがあり、

これには女性ホルモンが影響していると考えられています。

 
しこりには「良性」のものと「悪性」のものがあり、自己判断で見極めることはできません

ですが、しこりがある上に痛みやハリを感じたり、乳頭から分泌物(血液を含む)が見られたりしたら、

できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

次項も併せてご覧ください。

 

病気の可能性

自覚症状は両胸に感じる痛みやハリだけで、それが月経の訪れとともに治まるのであれば、

更年期に入っていてもホルモンによるPMSの可能性が高いと言えます。

しかし、痛みやハリの消失時期がたまたま月経と重なっただけで、

実際は別の原因が隠れていることも考えられますので、注意が必要です。

中にはホルモンの影響による周期的なものでなく、乳腺や周辺組織に病変があって、

それが原因で痛みやハリを感じていたり、しこりを生じていたりする可能性もあるのです。

 
どんな病気も自己判断は禁物ですが、

主な症状とともに、乳房疾患で比較的多く見られるものを挙げておきましょう。

個人差もあるので気になる症状があれば受診するのが一番ですが、特に、

  • 痛みが長引く
  • 片側だけ痛む
  • しこりがある
  • 今までと違う痛みがある

などの症状がある場合は早めの対応をおすすめします。

乳腺症

乳房にハリを感じたり、全体的な硬さや痛みがあるが、

月経の訪れとともに症状が治まる。

中年女性によく見られる良性のもので、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが過剰になると、

それによってプロゲステロンも過剰な状態になり、乳腺が発達しすぎることで生じると考えられています。

このため、月経と連動した周期性があり、乳房トラブルの中で最も多く見られる疾患です。

更年期前半の月経がある時期は症状が出る可能性がありますが、閉経するとなくなります。

乳腺嚢胞(のうほう)

月経不順で、月経前に痛みやハリ・しこりを感じるが、

月経の訪れとともに症状が軽くなる

通常なら乳房内で作られた乳汁などは乳頭から体外へ排出されますが、

これらの水分が排出されずに溜まってしまったものが乳腺嚢胞です。

良性であるため治療の必要はなく、閉経とともに消えることが多いようです。

しかし、嚢胞が刺激となって痛みがある場合などは薬で和らげたり、

針で水分を抜き取ったりすることもあります。

乳腺嚢胞は乳腺症の一種と考えられており、発症のメカニズムも同様と見られています。

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)

乳房にハリやしこりがあり、乳首から分泌物が出る。

全米バイオテクノロジー情報センター(NCBI)によると、

「35歳~55歳くらいの出産経験のない女性」に発症することが多いとされる良性の腫瘍です。

しかし、中には進行して乳がんを併発するものが10%ほど見られるため、注意が必要です。

特に、乳首をつまむと血が混じったような分泌物がある場合には乳がんの可能性が約20%と高まります。

すぐに医療機関を受診しておきましょう。

発症の詳しいメカニズムはわかっていませんが、

乳腺症と併発する確率が高いことからエストロゲンやプロゲステロンが関わっていると考えられています。

乳腺線維腺腫

コロコロとした動くしこり(円形で平らな“おはじき”状のものが多い)があり、

乳房にハリや痛みを感じることがある

乳腺にできる良性の腫瘍です。

思春期から発症するためホルモンが関係あると見られていますが、月経周期との関連性はありません

しこりの大きさや発達の仕方には個人差がありますが、その後は年齢と共に小さくなっていくことが多いです。

悪性でないことがわかれば治療の必要はないので経過観察となりますが、

大きくなり過ぎた場合は手術によって取り除くこともあります。

乳がん

  • 石のように硬く動かないしこりがある。
  • 乳房に“ひきつれ”がある。
  • 乳首から血の混じった分泌物が見られる。
  • 女性がかかるがんの中で罹患率がトップであり、

    最近では食の欧米化や体格の向上、出産数の減少、高齢出産の増加などと関係して、

    死亡率も5位と高まっています。

    乳がんとは、乳管にできる悪性の腫瘍です。

    がんというと痛みがあるように思われますが、

    乳がんの場合は全く無痛のまま症状が進行していることもあります。

    原因ははっきりとわかっていませんが、

    エストロゲンの影響や遺伝的要因が深く関わっていると考えられています。

    一般に、乳がんの最初の発生は40歳代に多いとされています。

    この時期は更年期とも重なり、エストロゲンが減少していく時期でもありますが、

    逆に効率よく受容するために乳管上皮細胞ではエストロゲン受容体が増えてきています。

    ここで受容されたエストロゲンは細胞の分化や増殖を促すため、

    これが乳がんの発症につながるのでは…と考えられています。

    自覚症状には個人差がありますので、異変を感じたら医師の診察を受けた方が良いでしょう。

     

    検査について

    しこりなど具体的な異変がある場合は、他の病気の可能性を考え、受診する人も多いと思います。

    しかし、異変が見当たらないからといって、安心するのも危険です。

    体の深部に生じたしこりは外側から触れただけでは発見できませんし、

    発生初期の小さなしこりも触診で発見することは難しいと言えるでしょう。

     
    乳房トラブルの中で恐ろしいのは、やはり「乳がん」です。

    小さいうちに発見できれば治療が可能なものでも、

    進行してしまうと転移の可能性もあり、治癒率は低くなってしまいます。

    早期発見、早期治療がとても重要なのです。

    年に1回は乳がん検診を受け、毎回の月経終了後1週間くらいにセルフチェックするように心掛けましょう。

    閉経していたら、「毎月〇日にチェックする」と決めておくようにしましょう。

    誕生日の日にちや第一△曜日などに設定しておくと忘れにくいですよ。

    乳がんは遺伝的な要因も指摘されているので、

    近親者(母親・姉妹・おばなど)に乳がんを発症した人がいる場合はリスクが高くなります。

    きちんと検診とセルフチェックを行うようにしましょう。

    乳がん検診と併せて、子宮がん検診も受けておくと安心ですね。

     
    乳がん検診には「触診」「マンモグラフィ」「超音波検査」があります。

    通常は触診とマンモグラフィを併せて行うことが多いようです。

     
    マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影(レントゲン検査)をする装置です。

    初期症状である石灰化や、触診ではわかりにくい小さなしこりなどを検出することができます。

    ただし、マンモグラフィではがん細胞を発見しにくいケースもあるため、

    検診を受ける際には注意が必要です。

    これに該当するのは、

    • 良性のしこりに隠れている場合
    • 高濃度乳房(デンスブレスト)の人

    といったケースで、乳がんを見落とす可能性が出てきます。

    高濃度乳房」とは乳腺組織が多いタイプの人で、日本人に比較的多く見られます。

    高濃度乳房の場合は大量の乳腺に病変部が埋没したようになり、

    マンモグラフィのみでがんを見つけるのが困難なため、

    アメリカの一部では、検査でこのタイプであることがわかった人には

    超音波検査の受診を勧めるなどの対応を義務付けているところもあるくらいです。

    もちろん、マンモグラフィは確立した検査法で、高い信頼性があります。

    しかし、万能ではありません。

    日本では現在このような勧告が義務付けられていないので、

    受診時に自分が該当する乳腺濃度かを確認しておくと良いでしょう。

     
    ちなみに、更年期障害は婦人科や更年期外来などで診察を受けますが、

    乳房トラブルの場合、妊娠・出産時以外は「乳腺外科」や「外科」で検査が行われます。

    かかりつけの医師などに紹介状を書いてもらうか、直接受診すると良いでしょう。

    関連記事

    1. 更年期障害

      不眠と更年期障害の関係 その理由と改善方法

      不眠に悩む人は多く、ある調査によると成人の約3割が何らかの不眠…

    2. 更年期障害

      更年期との上手な付き合い方

      40歳前後になると現れてくる様々な不調に、人知れず悩む女性も少…

    3. 更年期障害

      更年期障害で虫歯・歯周病になる!その理由と改善策

      近年では予防歯科の重要性が広く認知され、毎日の口腔ケアに時間を…

    4. 更年期障害

      運動で更年期障害を予防・改善する方法

      「運動」というとダイエットや体力増進のイメージがありますね。…

    5. 更年期障害

      もう「イライラ」しない!更年期障害との付き合い方

      自分で感情のコントロールができないのは、本当に辛いことです。…

    6. 更年期障害

      更年期障害をマッサージで改善!

      最近では更年期障害を積極的に改善しようとする女性が増えてきました。…

    更年期障害に関する記事

    最近の記事

    1. 更年期障害

      更年期障害と頭痛の深い関係
    2. 高血圧・動脈硬化

      その頭痛は高血圧のせい?原因と改善策について
    3. 老眼

      老眼鏡をかけると疲れる原因とは?
    4. 高血圧・動脈硬化

      閉経すると高血圧になりやすい?高血圧と更年期の関係
    5. 高血圧・動脈硬化

      血圧を下げる食事のたった3つのポイント
    PAGE TOP