老眼

こんなに不便!少しでも老眼を予防するには

40代になると、小さな文字が見えにくいなど、
ぼちぼち、老眼の症状がでてきて、
不便を感じるようにもなります。

もちろん全員が40代になると直ぐにと言う訳ではなく、
それぞれ個人差はありますし、
それまでの生活習慣や目の酷使の違いによって、
老眼の始まる時期は異なります。

今回は老眼が始まることでの不便な症状と、
予防について詳しくご紹介したいと思います。

老眼の始まりとその症状について

 

老眼とはいつから始まるものなのでしょうか?
それは突然やってくるものでしょうか?

老眼になる年齢の平均は約45歳と言われています。
これは、はっきりと老眼と感じた時の年齢であり、
それまでに、目がかすむ、本や新聞などの文字が読みづらくなったなど、
ぼちぼちと感じていくものです。

老眼の原因

 

目の中には水晶体と言う、
カメラのレンズの様な働きをする組織があります。
その水晶体は近くのものを見るときや遠くを見るときに、
ピントを合わせる大切な役目をしています。

加齢とともにこの水晶体の弾力性が失われ、
硬化してしまうことで老眼の原因となります。

また水晶体の働きを助ける毛様体筋の弾力性も徐々に失われ、
ピント調整の働きが低下していきます。
その結果、近くものが見えづらくなると言う、
老眼特有の症状が始まります。

老眼の症状

 

では、老眼が始まるとどのような症状が出るのでしょうか?
始まりは、近くの細かい文字が見えづらい、
遠くから近くへ視線を動かすときにピントを合わせるのに時間が掛かるようになる。

などの症状が起こり始め、次の様な症状出ます。

  • 小さなものがぼやけて見える
  • 目が疲れやすい
  • 朝は見えるが夕方頃になると見えづらくなる
  • 薄暗い場所での視力が低下した
  • 肩こり・首こり・頭痛がする

この様な症状が出始めると、そろそろ老眼鏡の使用を検討する時期です。
この様な状況でも老眼と認めたくないと、老眼鏡の世話にならずにいると、
目に悪影響がでます。

例えば、無理に小さなものを見ようとするので、
ピント調整が上手く行かずに、
吐き気や肩こり・頭痛などの症状が見られることもあります。
体調不良の原因にもなる老眼は放置せず、
早めに目にあった老眼鏡を作り、使用することで防ぐことができます。

老眼になって感じる不便とは

 

老眼になると不便に感じることが多くなります。
小さな文字が見えないために、値札の文字を見損なうことがあったり、
長時間、本を読んでいると目が疲れたりと、不便を感じます。

また、老眼鏡を常に持参していないと、
小さな文字が見えずに、外出先で困ることが増えます。

バッグの中に入れて持ち歩くのには、かさ張る老眼鏡ですが、
無いと困るので持ち歩くことになりますね。
これも不便と感じる方もいるのではないでしょうか?

老眼を予防するためにできることとは

 

少し老眼が始まったなと感じ始めた人は、
進行を少しでも遅らせるために、予防をしていきましょう。

例えば、実年齢より見た目の若い人は、
普段の生活を規則正しく行い、健康を維持できるように気をつけています。
それと同じことを老眼でも行う必要があります。

では、どんな予防法があるのかをご紹介していきましょう。

生活習慣

 

老眼の進行を早めるのは、目の酷使が原因のひとつです。

近年、パソコンやスマホなどで長時間目を使い過ぎていることが多く
お仕事だけではなく、プライベートでもパソコンやスマホを、
見続けていると言う生活を送っていると気づかぬうちに目が疲れる原因となっています。

日常生活において目を休ませることはとても大事なことです。

目の休息と体操

 

普段パソコンを使用する際に、
パソコンのモニターと目の距離感について、
考える必要があります。

モニターと目の距離を離すことにより、
目の負担を軽減することが可能です。

  • パソコンモニター画面と目の距離は50~70cm離す
  • モニターの位置を少し下げておくことでドライアイ対策になる
  • パソコンの文字の表示サイズをひとつ大きめに設定する

目を休ませるためには、パソコンを見続けることを止めることですが、
仕事でパソコンを使用する場合など、簡単に止める訳にはいきません。
そのため、パソコンモニターを長時間見続ける場合には、
必ず休憩時間を入れるようにすることを心がけましょう。

目に休憩時間を与える方法ですが、

  • ときどき遠くを見ることで目の筋肉を和らげる
  • 目を閉じて数分休ませて目と脳の休憩も兼ねる
  • ホットタオルなどで目を温める

以上の様な方法で、目を休ませるとより効果的です。
目を休ませることで、脳の休息にも繋がり、
休憩時間を挟むことで、作業効率が上がります。

また目を温める方法ですが、

40度くらいが適温で、タオルを濡らして固く絞り、
電子レンジで1分程度温めたものを使用しましょう。
市販の使い切りタイプのアイマスクを使用するのも便利です。

目を温めることで、目の周りの血流が活発になり、
目に酸素と栄養が回りやすくなります。

ブルーライト

 

ブルーライトとは、液晶画面や太陽光、蛍光灯などに含まれる青色光のことを言います。
光りのエネルギーが強いブルーライトは、角膜や水晶体を突き抜けて、
網膜にまで届いてしまいます。
その為、このブルーライトを長時間浴び続けることで、体に悪影響があると言われています。

  • 眼精疲労
  • 不眠症
  • 肥満

などの症状が現れ、パソコンやスマホを長時間使用する人は、
ブルーライトの影響により老眼の進行が加速すると言われています。
できるだけ、ブルーライトの影響を軽減するようにしましょう。

その方法としては、ブルーライトをカットするめがねを装着する方法や、
パソコンやスマホにブルーライトをカットするシートを貼るなどの方法があります。

紫外線対策

 

紫外線を多く浴びることで起こる症状は、
目の中の活性酸素が多く発生することで起こる水晶体の硬化などです。

サンサンと照り付ける太陽の下で、
目に紫外線を受け続けるとダメージを受けやすいので、
紫外線対策が必須となります。

紫外線カット(UVカット)サングラスやめがね、コンタクトなどを使用するようにしましょう。
老眼予防のためには、大きなレンズで色は薄く、
顔とのすき間が無いタイプを選ぶようにしましょう。

またUVカットされた日傘や帽子なども効果的ですが、
下からの照り返しがあるので、サングラスなどとの併用が好ましいです。

ストレス軽減

 

ストレスを老眼には関連性が無いように思われますが、
実は、ストレスから老眼の進行を早めることがあるのです。

それは、ストレスが溜まった状態は続くと、
免疫力が低下して、身体の各細胞が抵抗力が弱まる為、
老化現象が早め、老眼の進行も早めます。

しかしながら、ストレスを感じないように生きるのは難しく、
鍛錬が必要です。

その為、ストレスを感じてもストレスを解消できる方法を見つけることが大切です。
運動をしてストレス発散をしたり、趣味に没頭するのも良い方法です。

老眼予防に効果的な食事

 

老眼の進行には食生活も無関係ではありません。
人は食べたものの栄養を吸収して細胞を作るため、
もちろん目にもその栄養が影響をします。

目に良いと言われる食べ物では代表的なものに「ブルーベリー」があります。
その他にも、野菜に含まれるビタミン類多く摂るように心がけましょう。

その他、赤ワインには眼精疲労を軽減してくれる効果があると言われています。
赤ワインに含まれる栄養成分が、目の血管を拡張させて血流を良くします。
目のピント調節を回復させる効果もあると言われています。

そして意外な食べ物として、魚や魚介類の栄養素が目に大変良い効果があることです。
強い抗酸化作用のある、サーモンやイクラ、エビや、
水晶体の濁りを予防する栄養素を持つイカやタコなども、
食事に摂り入れましょう。

目に良いと言われる食べ物を積極的に摂ることで、
老眼の進行を緩やかにできる効果が期待できます。

抗酸化作用のある栄養素

 

体内には活性酸素と言われる物質が存在します。
この活性酸素は、適量であれば身体の細胞を保護してくれる働きをしますが、
増えすぎると逆に細胞を傷つけてしまいます。

この細胞を傷つける活性酸素が、身体を老化して行き、
目の老化にも影響を及ぼします。

この活性酸素の増加を抑えてくれるのが、
抗酸化作用を持つ栄養素です。

高い抗酸化作用を持つ栄養素を意識して食生活に摂り入れることが、
もっとも大切であると考えられます。

ルテイン

 

ルテインが多く含まれる食品

  • ほうれん草
  • ケール
  • ブロッコリー

などがありますが、
ルテインは強い抗酸化作用がある栄養素のため、
ブルーライトによる攻撃から黄斑部と言う目の中枢の組織を守ってくれます。

アントシアニン

 

アントシアニンが含まれる食品

  • ブルーベリー
  • ぶどう
  • カシス

などがあります。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、
強い抗酸化作用を持ち、免疫力を向上させる働きをします。

目の疲労回復や視力の向上に力を発揮します。
アントシアニンとルテインを同時に摂取するとより効果的です。

ビタミン類

 

目の老化防止に効果を発揮するのが、
ビタミンAとビタミンC、ビタミンEです。

ビタミン類の効果
 含まれる食品効果
ビタミンA鶏レバー
卵黄
粘膜や皮膚を正常に保つ働きをし、網膜や角膜の健康を正常にします。
ビタミンCブロッコリー
ピーマン
水晶体の透明感を維持し、j白内障などの予防に効果的です。
ビタミンEアボガド
アーモンド
血行を良くする働きをし、眼精疲労の解消に効果的です。

基本的に食べ物から栄養素を摂取することが好ましいのですが、
難しい場合は、サプリメントなどを利用すると良いでしょう。

加齢による老眼を食い止めることは、中々難しいですが、
予防をすることで、進行を緩めることはできます。
老眼による不便を少しでも解消できるようにしたいものですね。

関連記事

  1. 老眼

    老眼を悪化させる5つの原因と予防する方法

    何だか最近新聞の字が見えにくくなったなと感じている場合、それは…

  2. 老眼

    老眼は遺伝?なりやすい人・なりにくい人とは?

    一般的に老眼とは、ある程度の年齢になれば、誰でもなるものと…

  3. 老眼

    老眼の治療最前線~手術を受けるとしたら~

    フラットボタン-blue遅かれ早かれ老眼は、誰の目にも…

  4. 老眼

    若くても危険!スマホ老眼の対策方法

    最近、若い人の間で「スマホ老眼」になる人が増えています。こ…

  5. 老眼

    目のかすみ、ぼやけるのは病気?視力低下の違い

    突然!目がかすんだり、目がぼやけたりすると、何かの病気では…

  6. 老眼

    老眼鏡を忘れたときの対処法

    老眼鏡を家でも外出中も、同じものを使っていると言う人は多いので…

老眼に関する記事一覧

最近の記事

  1. 更年期障害

    閉経はいつ?どんなふうに?閉経と更年期障害の症状
  2. 高血圧・動脈硬化

    その頭痛は高血圧のせい?原因と改善策について
  3. 高血圧・動脈硬化

    徹底解説!コーヒーは血圧を上げる?下げる?
  4. 更年期障害

    不眠と更年期障害の関係 その理由と改善方法
  5. 高血圧・動脈硬化

    高血圧をきちんと治療するには
PAGE TOP