老眼

目のかすみ、ぼやけるのは病気?視力低下の違い

突然!目がかすんだり、目がぼやけたりすると、
何かの病気ではないかと不安になりますね。

目がかすむ、ぼやけると言った症状が出る目の病気は、
白内障やドライアイ、眼精疲労などがありますが、
これらの病気により視力低下が起こることもあります。

しかしながら、目のかすみやぼやけると言った症状の原因には、
老眼が関係している場合も考えられます。
そこで今回は、視力低下が起こる原因とその違いについて詳しくご紹介しましょう。

 

目が悪くなる原因について

目が悪くなるとは視力が低下していくことを言いますが、
その原因は、近視、遠視、乱視、老眼の4つに分かれます。

人間の目はカメラと同じような構造になっていると言えます。
カメラのレンズに代わるものが目の水晶体です。
また、カメラのフィルムに代わるものが網膜です。

カメラで写真を撮るときレンズが前後に動いて写真を撮りますが、
人間の目は無意識のうちに水晶体が厚みを増して、
ピント合わせをし鮮明に物を見ることができています。

このような目の働きを目の調節と言います。

視力の低下には生活習慣が大きくかかわっていますが、
近視・遠視・乱視は屈折異常と言い、遺伝的要因や生活習慣が主な原因で起こります。
 

  • 近視
  • 近視とは、遠くを見たときにピントが合わず字や物などがぼんやりと見える状態を言います。
    近くを見るときは光が広がる方向で目に入ってくるため、
    焦点が網膜に近づくため、眼鏡なしでも見えます。
     遠くがはっきり見えないので、知らず知らずに目を細めて見るなどのしぐさで、
    肩こりを起こしたり、根気がなく飽き性になるケースもあります。
     この近視になる理由は網膜より手前に光りの焦点が結ばれてしまうからです。
    度が進むと、生活にも支障でてきますので、
    眼鏡またはコンタクトレンズを使用して矯正する必要があります。

         

  • 遠視
  • 遠視は近視とは逆で、網膜より後ろで光の焦点が結ばれてしまいます。
    やはりピントが合わずに、字や物がぼんやりと見えてしまいます。
    しかし遠視は軽度であれば、最大限に調節の働きを行いピント合わせをするため、
    あまり不自由さを感じません。
    そのため無理なピント合わせで気づかぬうちに眼精疲労を起こしている場合があります。

  • 乱視
  • 乱視の主な原因は、角膜や水晶体のゆがみです。
    多くの目は実際には大なり小なりゆがみがあるので、
    焦点が一か所に集まらずぼやけて見えます。
    近視や遠視の人にも乱視は多く見られ、補正レンズで矯正を行えます。

         

  • 老眼
  • 目の水晶体には、近くの物を見るときは厚く遠くを見るときは薄くなると言う、
    ピント調節機能が備わっています。
    しかしながら、加齢とともに水晶体の弾力が低下するとともに、
    水晶体を支える毛様体筋と言う目の筋肉が衰え、
    水晶体の伸縮をスムーズに行うことが難しくなることを老眼と言います。
    老眼鏡を使用することによって老眼が悪化することを防ぐとともに、
    目の体操を行ったり、目に良い栄養素を摂取するなど行いましょう。

 

違いはなに?~視力が落ちるメカニズム

視力が落ちる原因にはいろいろな説があり、まだ正式に承認されたものはなく、
いくつかの有力な仮説がある段階だと言えます。
しかしながら、いくつもの原因が絡み合って視力が低下していくと考えられます。

この視力が落ちていく原因のひとつに、
目の毛様体筋と言う筋肉が上手く働かなくなることがあげられます。

なせも毛様体筋が上手く働かないと言ったことが起こるのでしょうか?
それを理解するには、目のメカニズムを知ることが大切です。

私たちの目は何故見えるのでしょうか?
また、なぜ見えていたはずの視力が落ちるのでしょうか?
目が悪くなる仕組みを考えてみましょう。
 

目の構造

目の構造は、カメラに似ていると言われています。
それは、目の器官がカメラのパーツと同じ作用をしているからです。
目の各器官とカメラのパーツを比較してみましょう。

目の器官とカメラのパーツ
目の器官
カメラのパーツ
まぶたレンズキャップ
角膜フィルターとキャップ
水晶体レンズ
虹彩しぼり
毛様体ピント
ガラス体カメラ内部
網膜フィルム・撮像素子
胸膜カメラのボディ

カメラはシャッターを押した瞬間、光がレンズを一瞬にして通過し、
フィルムなどにその像を焼き付けます。

また、目もカメラと同じように瞳から入った光が、
レンズに相当する角膜と水晶体を通過して網膜に像を結びつけます。
その像を網膜で感じ、その信号が脳に伝わって、物を見ることができます。

目のメカニズム

では何故、目の視力は落ちて行くのでしょうか?
その原因とメカニズムを考えてみましょう。

  • 生活習慣
  • 近年、パソコンやスマートフォンが普及し、
    至近距離にあるものを長時間見続けると言った作業をし続けることが増えました。
    近くにあるものばかりをずっと見つめていると、
    水晶体を支えている毛様体筋が固くなりほぐれにくくなります。
    また、姿勢が悪いために目が悪くなることがあります。

  • 遺伝性
  • 近眼の人の統計を取ると9割もの人が親子揃って近眼であると言うデーターがあります。
    視力低下になる遺伝子が受け継がれていると言われています。

        

  • 栄養素
  • 栄養過多が視力低下の原因になると言う説があります。
    幼いことから炭水化物を摂りすぎると、血液中のインスリンの濃度が高くなり、
    視力低下の原因になっていると言われています。

パソコンをよく使う人や、スマートフォンを長時間続けていている人は、
知らないうちに毛様体筋を疲れさせて視力を低下させていることがあります。

老眼と病気について

加齢による老眼の症状は根の機能が低下することが原因で起こります。
しかしながら、加齢が原因である老眼の症状とは別に、
その年代特有の目の病気に注意が必要です。

加齢による目の病気でよく知られているのが「白内障」ではないでしょうか?
その他にも、「緑内障」や「加齢黄斑変性」、「網膜症」などがあります。

これらの症状の中には、老眼の始まりに感じる、
目がかすむやぼやけるなどの症状が出る場合があり、
老眼になっってしまったものと勘違いし、
病気に気づくのが遅れる場合がありますので注意が必要です。

それぞれの症状の違いや視力の低下の違いを比べてみましょう。

白内障

白内障とは、加齢に伴い水晶体が白く濁り視力が低下する病気です。
水晶体はたんぱく質と水で出来ています。
人により個人差がありますが、そのたんぱく質が、
長年紫外線などの影響を受けてだんだん白く濁ってき視力低下に繋がります。

  • 視界が全体的にかすむ
  • 光をまぶしく感じる
  • 視力が低下する

などの代表的な症状が見られます。

緑内障

緑内障の原因や進行は、正しく加齢による身体の老化が影響しています。
視神経乳頭付近の血流が悪くなり、新陳代謝が悪くなるとことが原因です。
目から入ってきた情報を脳に伝える視神経の部分に障害起こる為、
視野が狭くなります。
治療が遅れると失明することもあります。

  • 視神経を圧迫するため視野が狭くなる。
  • 目の痛みやかすむなどの症状はない。

緑内障は、特に目立った症状がないため、非常に見つかりにくい目の病気です。
片目が緑内障を発症しても、もう一方の目でカバーしてしまうため、
視野が大きく塞がるまで気づかないと言う言う人が多いため、
早期検査・早期発見が大変重要です。
40歳以上の人は目の定期検診を受けるようにしましょう。

加齢黄斑変性

網膜の中心にある黄斑に障害が生じ、視野の中央部分が見えにくくなります。
50歳以上の男性に多く発症すると言われており、
喫煙歴や肥満などが発症の原因となっていることが多いです。
進行が早い滲出型と進行が遅い萎縮型があります。
目の生活習慣病とも言われており食生活など生活習慣が影響します。

  • 視力の低下
  • 中心が暗く見えたりぼやけたり歪んで見える。
  • 転ぶことが増えたり、コップにお茶を注ぎにくいと感じたりする。

遺伝や他の病気が原因と考えられていますが、
完全に解明されていません。
しかしスマホやパソコンなど目に光の刺激を受けることが多くなったことも、
原因のひとつになっていると考えられています。

網膜症

眼球内の奥にある網膜の網膜血管が、何らかの原因で障害を受けて異常が起こります。
網膜はカメラで例えるとフィルムの働きをします。
目の中に入ってきた光を刺激として受け取り脳への視神経に伝達する組織を言います。
糖尿病が原因で網膜症になる人が非常に多く、糖尿病性網膜症とも言われます。

  • 初期の段階では自覚症状がでません。
  • 小さな出血が少しづつ現れます。
  • 中期になると目がかすむなどの症状が現れる。
  • 末期には視力低下や黒い蚊が飛んでいるように見える飛蚊症の症状がでる。

網膜剥離や緑内障なども併発していることもあります。
糖尿病になると、血液中の糖分を細胞が上手く吸収できずに、
糖分が多くなり血管に障害を与えるようになります。
特に目の網膜の血管は細いため障害を受けやすく血管がつまる、
出血するなどの症状が見られるようになります。

その他の病気

  • 網膜静脈閉塞症
  • ものを見るときに上の部分または下の部分がかすんで見える症状があるときは、
    網膜静脈閉塞症と言う病気の場合があります。
    網膜の静脈が血栓で詰まることから起こります。
    動脈硬化と関係があるため、
    高血圧や糖尿病が原因の場合が多く中高年の目の病気と言えます。

  • 飛蚊症
  • ものを見ているときに黒い虫のようなものが動いているように見える目の病気です。
    加齢によって硝子体が委縮してしまい、硝子体の後ろが網膜から剝がれたために、
    黒い点のようなものが見える場合があります。
    急に視力が低下したなど気づいた場合は早急に眼科に行くように伝えてます。

    どの病気も片目から症状が進行していきますので、
    片目が補うため発見が遅れるケースが多いです。
    単なる老眼が原因で、かすみやぼやけているなどと、
    自分勝手に判断せずに、まずは医師の診察を受けましょう。

関連記事

  1. 老眼

    老眼を悪化させる5つの原因と予防する方法

    何だか最近新聞の字が見えにくくなったなと感じている場合、それは…

  2. 老眼

    老眼鏡をかけると疲れる原因とは?

    せっかく眼科に行って作った老眼鏡でも、目に合わずに、老眼鏡…

  3. 老眼

    これを食べれば見えるかも?老眼によい食べ物、栄養素は?

    目がかすむ、小さなものが見えにくいなどの症状が出たら、それ…

  4. 老眼

    脳トレで老眼が改善!? ~脳と老眼の深い関係~

    物を見る行為は、目のみで行っていると思われがちですが、実際…

  5. 老眼

    老眼の治療最前線~手術を受けるとしたら~

    フラットボタン-blue遅かれ早かれ老眼は、誰の目にも…

  6. 老眼

    疲れ目・眼精疲労による頭痛や吐き気の原因は老眼にあり!?

    普段の生活の中で、目が疲れたなと感じるときはどんなときでしょう…

老眼に関する記事一覧

最近の記事

  1. 老眼

    脳トレで老眼が改善!? ~脳と老眼の深い関係~
  2. 更年期障害

    更年期障害に効くのはイソフラボン?エクオール?
  3. 更年期障害

    「めまい」は更年期障害?その対処法や改善策について
  4. 老眼

    これを食べれば見えるかも?老眼によい食べ物、栄養素は?
  5. 老眼

    疲れ目・眼精疲労による頭痛や吐き気の原因は老眼にあり!?
PAGE TOP