老眼

老眼の治療最前線~手術を受けるとしたら~

フラットボタン-blue

遅かれ早かれ老眼は、誰の目にも訪れます。
加齢の為避けることのできない老眼について、治療法は無いと言われてきましたが、
近年、さまざまな治療法が登場し、手術で治療も可能となってきています。
そこで今回は、最新の老眼治療について詳しくご紹介します。

老眼になる仕組みとは?

 

人は物を見るときに、水晶体が重要な役割を果たしています。
それは、カメラのレンズの様な役割で、
厚みを変えることでピント合わせをします。

また水晶体のピント合わせの働きに協力しているのが、
毛様体筋と言われる目の筋肉の働きで、
厚くなったり薄くなったりしてピントを合わせています。

水晶体は、加齢とともに若い時にはあった柔軟性が失われ、
毛様体筋の働きも弱くなり、ピント調節機能が低下して、
細かな文字が見えない。手元の作業ができないなど、
老眼を自覚するようになってきます。

この加齢による老眼の進行は、40歳くらいから始まりますが、
早い人では30代でも老眼になることがあります。

その様に早くに老眼になる人は、日ごろの目の使い方が間違えており
そこを解決しないと、先々老眼で悩むことになります。

老眼の進行を早める行為について話しましょう。

デスクワークや運動量が少ない

 

事務職などのデスクワークの人は、首や肩の血流が悪くなることで、
目に酸素や栄養を行き渡らすことができずに、
老眼の進行を早めてしまいます。

またパソコンやスマホなどの使用で、
目を酷使することで、老眼になりやすいことも事実です。

運動不足の人も同じく、血流が悪くなり老眼の進行を早めます。
適度な運動をすることで、老化の進行を遅らせることができます。

老眼鏡を使わないと老眼は進行する

 

老眼鏡を使うと老眼が早く進行すると思われがちですが、
病院では、最新の設備で検査を行い視力にあった老眼鏡を作ってくれますので、
進行が早くなるなどと言うことはありません。

それよりも老眼になっているのにも関わらず、
裸眼のままで、無理に物を見ようとすることで、
却って目を疲れさせる
ことで、
老眼の進行が早くなることの方が、問題です。

老眼の治療方法

 

近年、目の治療法は色々な選択枠が増えています。
どのような治療の仕方が、
自分に合うのかよくわからない場合も多いでしょう。

どのような治療法があるのかご紹介してみましょう。

レーシック

 

レーシックとは角膜の屈折率を良くして、視力を回復する治療です。
しかしこの通常のレーシック治療では、
老眼を治すことはできません。

レーシックで近くにピントを合わせる矯正をしても、
遠方が見えにくくなる可能性がでてきますし、
そもそもレーシック治療は老眼を治すものではありません。

老眼は水晶体の機能低下や弾力性の低下が原因のため、
現段階では、レーシックでの治療では老眼自体を治すことはできません。
また、老眼は加齢により進行していくものなので、
レーシックを受けても、進行が止まるわけではありません。

モノビジョンレーシックについて

 

純粋なレーシック治療ではありませんが、
モノビジョンレーシックなら、老眼の治療に効果が期待できます。

モノビジョンレーシック手術は、利き目を遠くが見えやすいように、
もう一方の目を近くを見えやすくすることによって、
近くでも遠くでも見えやすくなります。

ただし老眼が治るわけではありません。
老眼鏡を使用する頻度が減ると考えましょう。

モノビジョンレーシック手術後に、両目の視力が違うため、
違和感を覚えたり、長時間パソコンを使用することが、
疲れ目になる場合があります。

脳が左右の目の情報を使い分けることができるようになるには、
3ヶ月程必要です。

このモノビジョンレーシックの治療は、おおよそ20万の費用が掛かります。

伝導性角膜形成術=CK

 
伝導性角膜形成術とは、利き目の反対側の片目の角膜の外側に、
ラジオ波と呼ばれる高周波エネルギーを当てます。

これで角膜のコラーゲン組織を収縮させることにより、
角膜の形状を凸型に変化させて老眼を矯正します。

伝導性角膜形成術を受けた後は、
術後に問題が起こっていないかを、定期的に検査する必要があります。

この手術を行う場合、おおよそ12~15万の費用が掛かります。

リーディングアイ

 

リーディングアイとは、片方の目にカムラインレーと言う、
薄いリング状のレンズを眼内に挿入する方法です。

このカムラインレーは直径3.8㎜ほどで、
真ん中に穴が開いており、黒目に収まってしまいます。

カンムラインレーの穴を通して見ると、
ピンホール効果があり、近くのものを良く見えるようになります。
ピンホールのの原理は、見えにくいものを、
眼を細めて見る効果と同じと考えられています。

費用はおおよそ30万ほどで、白内障の手術を行って半年経過し、
目に異常がないか確認してからの治療となります。

リーディングアイの施術
1点眼麻酔検査を行い問題がなければ点眼麻酔を行う
2ポケットの作成カムラインレーを入れるポケットを作る
3カムラインレーの設置

カムラインレーをポケットの下に設置
4点眼消毒点眼をして終了

遠近両用眼内レンズ(マルチフォーカルIOL)

 


マルチフォーカルIOLは、遠くでも近くでも見えるようにする手術のことで、
遠近両用眼内レンズを挿入します。

この治療法は2002年くらいから始まりましたが、
元々はこの遠近両用眼内レンズは、白内障を治療するものとして、
使用されてきました。

この白内障の治療と老眼を一緒に治療することを考え出されたのが、
この治療法です。

それまで白内障の治療に使われてきたレンズは、
単焦点と言うレンズで、一点にピントを合わせて見えやすくするレンズでした。

しかし、光を遠くと近くに分けるタイプのレンズが発明されて、
遠近両用のコンタクトレンズを、
眼の中に入れる様なイメージの治療法が始まりました。

この遠近両用レンズを眼内に挿入するのは、
保険適用にならないため、
おおよそ50万円とも言われる高額な治療となります。

しかしながら、大変効果の高い治療法なので、
多くの方の治療に使用したいと考える医師も多いです。

この遠近両用眼内レンズを単焦点レンズにすると、
保険適用になり、見えかたは非常にクリア見えます。
しかし、一点しかピントが合わない為、めがねが必要となります。

単焦点レンズ

一つの距離にしか対応できないため、老眼の手術には適していません。

多焦点レンズ

多焦点レンズには、2多焦点レンズと3多焦点レンズがあります。
遠方と近方二つの焦点に合うようになるのが、
2多焦点レンズです。

3多焦点レンズは、遠方、近方と中間距離にも対応したレンズです。
国内では導入している病院は数少ないと言えます。

遠近両用フェイキック

このフェイキック手術は、角膜を削らずに手術ができる治療法です。
両目に手術を行うため、左右の見え方に大差はなく、
眼精疲労などの症状軽減にも良いとされています。

フェイキックの優れた特徴

  • 角膜を削らないから見え方の質が良好である
  • 角膜を削らないので、レンズを摂ることができる
  • コンタクトレンズの日常的なケアが不要

遠近両用フェイキック手術の流れ

遠近両用フェイキック手術は安全で快適な老眼治療と考えられます。
その手術の流れをご紹介しましょう。

  • 点眼による麻酔を行います。
  • 角膜を切開して角膜と水晶体の間に薄いレンズを挿入

こちらの手術も保険適用ができません。
ただし医療保険に加入されている場合適用される場合がありますので、
問い合わせてみましょう。

平均的な手術費用は、片目で約30万円で、両目で約60万円ほどですが、
コンタクトやめがねの煩わしさから解放され、視野の端まで見えやすくなります。

老眼治療における保険適用について

老眼治療の多くは高額手術が多く、保険外診療にあたるものが多いです。
その為、レーシックなどの手術の負担は全額自己負担となると考えておきましょう。

また、民間の保険会社が販売している医療保険の給付金なども、
レーシック手術は適用されないと考えられます。

ただし、加入している保険の種類や、
その医療保険に加入した年代によっては、給付金が給付されることもあります。

例えば、加入している医療保険が、2007年4月以前に契約されたものであれば、
給付金の対象になる可能性もあります。

それは、2007年4月に医療保険の大幅な改訂が行われたものであるためです。
入っている医療保険の詳しい保証内容については、
契約している保険会社に確認する必要があります。

また、医療費控除の対象になるかと言う点では、医療費控除の対象になります。
しかしながら、最新治療にあたるため、
税務署によっては認めてくれるところと、認知せずに認めない税務署があります。
事前に、お住まいの地域にある税務署に問い合わせておきましょう。

医療費控除は、確定申告をする必要があるため、
医療費の支出を証明するために手術費用の領収書は、大切に保管しておきましょう。

費用においては、当日の手術代の他に、
手術後のケアの為、定期的に検査を行う費用が必要となります。
術後もそれなりに費用が掛かることを心得ておきましょう。

“老眼のメカニズム
治療の方法(レーシック、眼内コンタクトレンズ、リーディングアイ)
料金と保険”

関連記事

  1. 老眼

    こんなに不便!少しでも老眼を予防するには

    40代になると、小さな文字が見えにくいなど、ぼちぼち、老眼…

  2. 老眼

    目のかすみ、ぼやけるのは病気?視力低下の違い

    突然!目がかすんだり、目がぼやけたりすると、何かの病気では…

  3. 老眼

    老眼でメイクができない悩みの解消法

    女性が老眼になり始めたときに困ることのひとつに、メイクがで…

  4. 老眼

    脳トレで老眼が改善!? ~脳と老眼の深い関係~

    物を見る行為は、目のみで行っていると思われがちですが、実際…

  5. 老眼

    老眼でもおしゃれを楽しみたい女性へ

    老眼鏡と言うと年寄りくさいなどと思われがちですが、老眼に使…

  6. 老眼

    老眼鏡を忘れたときの対処法

    老眼鏡を家でも外出中も、同じものを使っていると言う人は多いので…

老眼に関する記事一覧

最近の記事

  1. 高血圧・動脈硬化

    高血圧の薬はすぐ効く?降圧剤の作用や即効性について
  2. 高血圧・動脈硬化

    塩分制限は必要か!?高血圧の人の塩分の摂り方
  3. 更年期障害

    市販薬を利用した更年期障害との向き合い方
  4. 高血圧・動脈硬化

    メリットもデメリットも!高血圧の人におすすめの果物
  5. 高血圧・動脈硬化

    その食事が危ない⁉血圧に悪い食事とは?
PAGE TOP