老眼

老眼ってどうやって調べるの?~検査の方法や料金について~

老眼の検査

40代を超えた頃から、小さな文字が読みづらくなったな?
目がかすむな?など、
近くのものが見えにくくなったら老眼を疑ってみることが必要です。
決してそのまま放置するようなことは避けましょう。

まず、老眼であるかを調べるには、
自分で老眼であるかをチェックする方法や、
老眼を作るために行く眼鏡屋で検査をしてくれますが、
まれに老眼ではない他の病気が原因の場合もあります。
できれば、専門の眼科での検査をおススメします。

そこで今回は眼科専門医での老眼の検査や料金について詳しくご紹介しましょう。

こうなったら老眼かも

 

老眼かなと感じた場合に、眼科専門医の検査を受けるべき理由は、
老眼だと思っていた症状が、実は他の病気が原因になっている場合もあるからです。
目の検査を行うことで、白内障や緑内障が早期に発見されるケースもあります。

では、まず老眼になったときの症状を詳しく紹介しましょう。
それを参考に老眼であるかチェックしてみてください。
ただし、このセルフチェックは、
あくまでも参考にして速やかに眼科の検査を受けるようにしましょう。

一時的な老眼の症状チェック

 

  • 小さなものが見えにくくなったと感じる
  • 昼間より夕方暗くなると見えにくい
  • 近くのものを見ていると疲れやすくなった
  • 新聞や本などの小さな文字を見るとき離して見るようになった
  • メールやパソコンの数字を見間違うようになった
  • 肩こりが激しい
  • アイラインがきれいに引けなくなった

以上、老眼の症状をご紹介しました。
2つ以上あれば老眼であると考えられます。

セルフチェック

 

今度は、指を使った簡単近点チェックを行ってみましょう!
目のピントが一番近くにあう距離を「近点」と言います。
この「近点」を知ることから始めます。

まずは、人差し指を目の直前にかざします。
その時点では、指の指紋は見えていないはずです。
人差し指をゆっくりと目の前からゆっくり遠ざけてみましょう。
人差し指の指紋がくっきり見えるところで止めます。
そこがピントがあっている場所「近点」です。
人差し指の指紋が見える距離である「近点」が30cm以上開く場合は
老眼鏡を必要とする距離です。

いかがでしたでしょうか?
近視の人は、眼鏡をかけた状態と裸眼の状態で試してみましょう。

老眼かなと自覚したときには、かなり進行していることが考えられます。
ただし目は2つあることで、お互いを補って視力を作り出すため、
老眼に気づくことが遅くなるので注意しましょう。

また、老眼かなと思いながらも大きな支障がない場合、
ついつい検査や老眼鏡の使用を後回しにしがちです。

しかし老眼になっているのに、老眼鏡を使用しないでいると、
老眼に眼精疲労が重なり体調が悪くなる人もいます。
たとえば、目や頭が重い、頭痛がする、肩こりがひどい、食欲がない、吐き気がするなど、
色々身体に不調が出てきます。

たかが老眼と軽く考えずに早めに検査を受けて老眼鏡などを使用するようにしましょう

眼科専門医の老眼の検査とは

 

老眼の検査ですが、眼科専門医によって検査項目に多少の違いがありますが、
老眼もしくは他の病気がないかなどを検査することができます。
水晶体の検査をするからと言って、痛みや苦痛を伴う様な検査をする訳ではありません。
各種の検査をした結果から、光の屈折による水晶体の厚さや弾力性を確認することができます。

視力検査

 

代表的な目の検査と言えばこの「視力検査」になります。
多くの人が経験のある、〇の切れ目を答えていく検査方法ですが、
眼科で行う場合は、「矯正視力検査」を行います。

「矯正視力検査」は黒くて重い眼鏡をかけてレンズを入れ替えながら、
視力の検査を行っていくものです。
近視・乱視・遠視などのレンズを使用して矯正しながら、
どのくらい見えるのかを検査していきます。

例えば目に病気がある場合、どんなに強力なレンズを用いても、
視力が出ないため、病気の発見にも繋がります。

老眼の場合は、この「矯正視力検査」と医師による診察に於いて、
診断されることが多いです。

屈折検査

 

近視・乱視・遠視の程度を調べる検査です。
眼鏡やコンタクトを処方する際に行う検査です。
オートレフトポグラファーと言う機械を使用して検査をすることが多いです。

オートレフトポグラファーは中の絵を見て検査を行う機械で、
中の絵がはっきり見えたりぼやけて見えたりしながら検査を行います。

角膜曲率半径計測

 

角膜(黒目)のカーブがどのくらいが調べる検査です。
屈折検査と同様に、オートレフトポグラファーと言う機械を使用して検査します。
コンタクトレンズを処方する前や、白内障手術前には必ず行う重要な検査です。

細隙灯顕微鏡検査(さいげきとう)

 

拡大鏡のついて機械を使用して、
光りを当てて、角膜や粘膜に異常がないかを調べる検査です。

この細隙灯顕微鏡検査(さいげきとう)では、
水晶体内における白内障程度や、
目の前に蚊が飛んでいるように見える飛蚊症についても調べることが可能です。

眼圧検査

 

目の硬さを調べる検査です。
目の中には房水と言われる水が含まれていますが、
この水の生産量と排出量のバランスによって目の硬さが維持されています。

検査の仕方は、風を目に数回当てて測定をします。
痛みは全くありませんのでご安心ください。

眼圧が高い場合、視神経を圧迫されていますので、
負担など受けていると視野に影響が出ます。
いわゆる緑内障と言われる病気にかかっている場合があります。

眼底検査

 

眼底検査は2種類の方法があります。
瞳孔を開かない「無散瞳眼底検査」と瞳孔を開く「散瞳眼底検査」で、
白内障を発見しやすいと言われています。

波面センサー検査

 

機械の中の絵を瞬きをせずに見つめる検査です。
角膜の状態やぼやけた状態を調べることができます。

波面センサー同じく、機械の中の絵を見続ける検査ですが、
目の屈折力や角膜の曲線を測ることができます。

検査の料金について

 

眼科に目の検査に行った場合に掛かる費用は気になるところですね。
基本的な検査は保険適用内で行ってくれる場合が多数なので、
自己負担内で検査ができます。

ただし、病院ごとに規模や検査内容が違うため、検査費用や診察料は異なります。
一般的な目安をご紹介しましょう。

主な検査内容

  • 初診料
  • 矯正視力検査
  • 屈折検査
  • 角膜曲率半径計測
  • 細隙灯顕微鏡(前眼部)
  • 精密眼圧測定
  • 精密眼底検査(両)

以上の検査を行って、おおよそ保険適用3割負担で、
¥2,200~2,500位の検査料金が掛かります。

検査を行ったのちに、老眼の矯正もしくは老眼鏡、
またはコンタクトを使用することとなります。

老眼矯正

 

そもそも老眼は、近視や遠視のように視力矯正のように、
簡単に矯正ができると言う訳ではありません。

加齢に関係のない近視や遠視の矯正では、
レンズがピントを合わせる機能を矯正することで、
視力矯正を行えます。

しかし老眼矯正の場合は、水晶体の弾力性を矯正することが必要な為、
老化現象が進むと再び老眼が進行することを理解しておく必要があります。

近視の矯正などで行われるレーシック手術は、
近年では老眼でも用いられることが多くなってきました。
レーシック手術とは、角膜の表面を削ることでピント調整を行う方法です。

老眼鏡

 

老眼鏡は用途や度数に合わせて色々なタイプがあります

眼科で検査をしてもらったときに、老眼鏡の使用目的について話しておくと良いでしょう。
たとえば、仕事の内容や老眼を用いて何を見たいかを告げておくと、
最適な老眼を処方してもらえます。

老眼鏡の選び方

  • 老眼は進行するため買い替えも考慮に入れておく
  • 老眼の重さも負担になるので重さも確認しましょう
  • 眼科で検査した処方箋を持って行くことで目に合ったものを作れる

老眼用コンタクトレンズ

 

老眼になる前から近視などでコンタクトレンズを使用してきた場合、
老眼鏡の使用が煩わしい場合があります。
その場合、老眼用コンタクトレンズに使用をおススメします。

一般的なコンタクトレンズと同じで、
老眼用コンタクトレンズにも、「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」があります。

ハードタイプは汚れづらく手入れが簡単です。
またソフトタイプは装着したときの違和感が少ないと言われています。
使用頻度が少ない方の場合、使い捨てタイプを使用する方法もあります。

ただ老眼用のコンタクトレンズの場合、
できれば、手入れが簡単なハードタイプがおススメです。
手入れが不十分な場合、眼精疾患にかかりやすくなるため注意が必要です。

老眼用目薬

 

老眼予防を目的とした目薬を使用することで、
老眼の進行を緩やかに、眼精疲労を軽減することができます。

目のピント調整や新陳代謝に有効とされる成分が、
配合されている目薬を選ぶことが大切です。
ただし、「老眼用」と記載されている目薬は少なく、
「年齢による目の疲れ」など年齢と言う言葉を使用している目薬を選ぶと良いでしょう。


もっとも大切なことは老眼は進行していくため3カ月ごとくらいには、
眼科で視力検査をを定期的に受けましょう

進行している場合、視力に合わせた老眼鏡またはコンタクトレンズに、
買い替える必要があります。

関連記事

  1. 老眼

    脳トレで老眼が改善!? ~脳と老眼の深い関係~

    物を見る行為は、目のみで行っていると思われがちですが、実際…

  2. 老眼

    これを食べれば見えるかも?老眼によい食べ物、栄養素は?

    目がかすむ、小さなものが見えにくいなどの症状が出たら、それ…

  3. 老眼

    老眼を悪化させる5つの原因と予防する方法

    何だか最近新聞の字が見えにくくなったなと感じている場合、それは…

  4. 老眼

    こんなときに”見えない”なら、老眼の可能性あり!

    最近、新聞などを読むとき小さな字が見えにくいな!目が疲れて…

  5. 老眼

    若くても危険!スマホ老眼の対策方法

    最近、若い人の間で「スマホ老眼」になる人が増えています。こ…

  6. 老眼

    老眼の治療最前線~手術を受けるとしたら~

    フラットボタン-blue遅かれ早かれ老眼は、誰の目にも…

老眼に関する記事一覧

最近の記事

  1. 老眼

    脳トレで老眼が改善!? ~脳と老眼の深い関係~
  2. 老眼

    老眼ってどうやって調べるの?~検査の方法や料金について~
  3. 高血圧・動脈硬化

    高血圧を改善する「お酢」の作用と効果的な摂り方
  4. 高血圧・動脈硬化

    高血圧がむくみの原因になる?改善方法について
  5. 老眼

    老眼でもおしゃれを楽しみたい女性へ
PAGE TOP