高血圧・動脈硬化

高血圧をきちんと治療するには

高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれるほど静かに進行し、

やがて命に関わる病気を引き起こす恐ろしい疾患です。

治療には「生活習慣の改善」と「」の“二本柱”が有効といわれていますが、

なぜ双方を行わなければならないのでしょうか?

ここでは、高血圧をきちんと改善するために必要な治療法について、わかりやすく解説しています。

 

高血圧になる理由

まず、高血圧になる原因を探ってみましょう。

別の病気が原因となって引き起こされる「二次性高血圧」を除く高血圧は、

原因が特定できない「本態性高血圧」と呼ばれ、高血圧患者の9割以上を占めています。

遺伝的な素因もありますが、多くは生活習慣の乱れによる複数の要因が絡まり合って発生しているもので、

いわゆる「生活習慣病」の1つとされています。

 
この生活習慣のうち、大きなウェイトを占めるのが「食生活」と「運動習慣」です。

これらが血圧を上げてしまう理由にはいくつかありますが、

簡潔に言うと大きな要因となるのが次の2つです。

  • 血液量の増加
  • 血管の変性

原因を知ることは高血圧の治療を理解するために大切なことですから、

血圧上昇のメカニズムの概要を知っておきましょう。

血液量の増加

私たちの体には、血液など体液の濃度が一定になるように保つ機能があり、

これは濃度の低い方から高い方へと水分が移動することによって行われています。

つまり、血液が濃くなると血管の外にある体液の水分が移動して、

血液を薄めることによって正常な濃度を保っているわけです。

そこで問題になるのが、“血液を濃くする要因”です。

血液には様々な物質が溶け込んで体の隅々に運ばれていますが、

濃度に関して特に問題になるのは「ナトリウム」と「ブドウ糖」です。

 
ナトリウム食塩の主成分で、

しょっぱい食事をすると胃から血液中にナトリウムイオンとして吸収されていきます。

このナトリウムは体液の量を調整するのに重要な物質ですが、大量に摂取してしまうと、

これを薄めようとして血管外の水分が吸収され、血液中のナトリウム濃度を下げようと働きます。

その結果、吸収された水分の分だけ血液の量が増加することになりますね。

「血圧」というのは血管の内側にかかる圧力のことですから、

増加した血液によって内側から押される血管には、普段よりも高い圧力がかかることになります。

つまり、血圧が上がってしまうということです。

 
一方のブドウ糖炭水化物(糖質)を消化すると生じる物質で、

血糖として血液と共に体を巡る、生命活動に欠かせない物質です。

とても大切なエネルギー源なので、

私たちの体には余ったブドウ糖を肝臓に蓄えておくという仕組みが備わっています。

このときに働くホルモンが「インスリン」です。

ところが、このインスリンには腎臓でナトリウムを排出しないように作用する働きがあるのです。

さらに、常に血糖値が高い状態にあると、インスリンが足りていないと体が勘違いし、

大量に分泌されるようになります。

このため、ナトリウムの排出がされにくい状態が続いてしまうのです。

その結果、体液のバランスが崩れ、ナトリウムを薄めるために水分が血管内に取り込まれ、

血液量が増えることにつながってしまいます。

もちろん、過剰なブドウ糖によって血糖値が高くなってしまうことも水分を引き留める原因になりますから、

ますます血液量が増えてしまうというわけです。

血管の変性

血管が変性して健康な状態でなくなるものの1つに「動脈硬化」があります。

動脈硬化とは血管の内壁にプラークが付着し、

これが血栓に変化することで血管が狭く硬くなってしまう現象をいいます。

血管の内径が狭くなると、血液が通り抜けにくくなるので血圧が高くなってしまうわけです。

動脈硬化の原因には、油っこい食事や肥満によってLDLコレステロールが増加し、

これが血管壁に付着してしまうことが引き金になるとケースが多いと見られています。

 
また、高血糖によって血管壁の細胞が変性を起こす糖化」という現象がありますが、

これによって血管の細胞に備わっていた“動脈硬化を予防する作用”が失われてしまうため、

より発症しやすくなってしまうのです。

 
動脈硬化は加齢によっても少しずつ進行していきますが、

食生活の乱れや運動の不足によって悪化しやすいことがわかっています。

恐ろしいのは、動脈硬化を作っている血栓が高い血圧によって剥がされ、

流れていった先で血管を詰まらせてしまうことです。

その場所によっては「脳梗塞」や「心筋梗塞」など命に直結する可能性もあるので、

動脈硬化を予防し、血圧をコントロールすることは非常に重要です。

 

高血圧の診断基準

日本高血圧学会では、高血圧を

「診察などで測ったときの収縮期血圧(最高血圧)140mmHg以上

かつ(または)拡張期血圧(最低血圧)90mmHg

としています。

(家庭で測ったときは収縮期血圧135mmHg、拡張期血圧85mmHgとなります。)

これは、長年にわたる健康調査や生命保険の加入者調査などによって、

血圧が高い人ほど心臓血管系の病気になりやすく死亡率が高いという傾向が見られ、

これが特に顕著となる血圧値を基準として設けたものです。

さらに、高血圧は血圧によってⅠ~Ⅲ度に分類され、

他の疾患などに応じた脳心血管リスクの目安も公表されています。

これは、高血圧を抱えていると脳梗塞や心筋梗塞などを発症する確率が高いためです。

具体的な数値を見てみましょう。

 

《診察室血圧に基づいた高血圧の分類と脳心血管リスク》
高血圧
の分類
血圧(mmHg)リスク層
リスク第一層
(予後影響因子
がない)
リスク第二層
(糖尿病以外の1~2個の
危険因子などがある)
リスク第三層
(糖尿病、慢性腎臓病、
臓器障害などがある)
Ⅰ度
高血圧
140~159
/90~99
低リスク中等リスク高リスク
Ⅱ度
高血圧
160~179
/100~109
中等リスク高リスク高リスク
Ⅲ度
高血圧
180以上
/110以上
高リスク高リスク高リスク

(高血圧ガイドラインより作表)

高血圧は自覚症状が乏しいため、治療を積極的に行いにくい疾患です。

しかし、ゆっくりと進行していく高血圧は“サイレント・キラー”の別名の通り、

表に示したように、将来的に恐ろしい疾患を引き起こす危険性を孕んでいます

少しでも症状が軽いうちに適切な治療を行い、改善していくことがとても大切な疾患なのです。

 

治療法

まず、認識しておきたいのは、「高血圧の根本的な治療薬は存在しない」ということです。

薬で血圧を下げることはできますが、この目的は血圧の上昇を食い止めることであり、

解決するための薬ではありません。

動脈硬化などで変質してしまった血管を、元に戻すことはできないということです。

ですから、薬の効果が切れれば、再び血圧は上昇してしまいます。

そのため、日本高血圧学会では248ページにもわたる『高血圧治療ガイドライン(2014年版)』を作成し、

治療の基本方針を示しています。そこには、

 
   第一段階 生活習慣の修正

   第二段階 降圧薬治療
 

と明記されています。

つまり、薬による治療を行うよりも先に、生活習慣を改善するべきであるということです。

これは、高血圧が生活習慣病の1つであり、

前述のように生活習慣の乱れによって発症しやすく悪化させやすいという原理があるからです。

高血圧を改善しようと考えるなら、生活習慣によって高血圧や動脈硬化がおこるメカニズムを理解し、

生活の見直しが何より重要であるということを忘れないでください。

それでは、高血圧の治療がどのように行われているのか、具体的にみていきましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の改善とは、すなわち「食生活」「運動習慣」の改善です。

高血圧の人がまず取り組むべき課題ですので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

食生活

高血圧の原因となる過剰のナトリウムやブドウ糖、LDLコレステロールはすべて食事から供給されています。

どれも体にとって必要な物質ではありますが、

“過ぎたるは及ばざるがごとし”ですので、適量を守りましょう。

ただし、小食にすることや空腹を我慢することが必要なわけではないので、安心してくださいね。

高血圧に大切なのは、これらの成分を摂り過ぎないことですから、

含んでいない食品なら多く食べてもさほど問題にならないのです。

例えば、野菜類、海藻類、豆類などは、

ドレッシングなどの調味料に気をつければたくさん食べてもOKですし、、

魚や鶏のササミなども問題ありません。

特に魚の油にはDHAやEPAといった血圧降下に関係する成分が含まれていますので、

日本高血圧学会では魚油の積極的な摂取を奨励しています。

また、鶏の胸肉なども皮や脂肪を取り除き、調理法に注意すればタンパク質豊富な優れた食材です。

牛肉や豚肉、揚げ物なども毎日でなければ食べてもOKですが、

脂身を除いたり脂を落とす調理法を選んだりする工夫は必要です。

特に塩分は大量に含まれるナトリウムによって直接的に血液の量を増やしてしまうので、気をつけましょう。

減塩目標は1日6g未満とされています。

これには諸説あり、体質的に減塩の効果が得られにくい人(食塩非感受性高血圧)もいますが、

多くの日本人はこの1.5倍以上の塩分を摂っていますので、

健康のためには減らした方が良いことは間違いありません。

麺類のスープは残す、みそ汁は控える、調味料を付け過ぎずレモンや香辛料を使うなどの工夫をして、

薄味を心掛けていきましょう。

これらに注意して4kgほど減量すると、血圧低下の効果が見られるそうですよ。

 
また、食生活改善を実行するにあたって問題となるのが目安や目標値ですね。

これについては本項で述べた以外の注意事項も含めてガイドラインで触れていますので、

次表にまとめてみました。

ぜひ、参考にして頑張ってくださいね。

 

《食生活改善の目標・目安》
項目目標・目安
食事パターン 野菜・果物を積極的に摂取し、
コレス テロールや飽和脂肪酸の摂取を控える。
魚(魚油)の 積極的摂取推奨。
塩分減塩目標は食塩6g/日未満
体重 体格指数(BMI)=25未満が目標
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)未満
飲酒 節酒(男性:日本酒1合,ビール中瓶1本,焼酎半合弱,
ウイスキー・ブランデーダブル1杯,ワイン2杯弱。
女性:男性の約半分)

運動習慣

高血圧の原因には「肥満」も上げられますが、これを改善するにはカロリーを摂り過ぎないことだけでなく、

ついてしまった脂肪を燃焼し、適正な体重に戻すために運動することが大切です。

余分なエネルギーを消費し、減量することによって、

心臓や血管の負担を軽くすれば、高血圧の改善になるからです。

最近の研究では、運動によって血管が柔らかくなり、動脈硬化を改善できることがわかっています。

ぜひ運動の習慣をつけていきましょう。

 
高血圧の改善に適した運動は、様々な研究から「有酸素運動」であることがわかっています。

有酸素運動の種類は下表の通りですので、

自分が取り組みやすいものを選んで、長く続けていくようにしましょう。

ここで大切なのは「運動の強度」です。

高血圧の人は日常的に心臓や血管に負担を掛けているので、激しいものは適していません

「少しキツイかな」と感じる程度、会話をしながら行える程度の運動が向いています。

運動時間の目安も表で紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

《運動の種類と目安》
運動の種類目標時間
・ウォーキング(速歩)
・軽いジョギング
・水中運動
・自転車
・レクリエーションスポーツ
などの有酸素運動
1週間にほぼ毎日、30分以上の運動。
(10分以上の運動ならば、連続していなくても1日合計30分以上ならOK)

降圧薬治療

高血圧の改善とは、年齢や既往歴にもよりますが、

若年・中年の場合は血圧値140/90mmHg未満にすることが目標となります。

しかし、前項のような生活習慣の改善によって血圧が下がってきても、

残念ながら、目標とする血圧まで下げるのは難しい場合も多くあります。

このような場合には、医師の判断によって、

生活習慣の改善と同時進行で投薬による治療を開始するケースが多いようです。

 
高血圧で使われるのは「降圧薬」といわれる血圧を下げる薬です。

作用の仕方に違いはありますが、現在のところ次の6種類が有効で、

その患者に適切なタイプを選び処方されます。

 

《降圧薬の種類・メカニズムと副作用》
主な
降圧薬
血圧を下げるメカニズム副作用
Ca拮抗薬血管を拡げるむくみ
ARB血管を収縮させる
「アンジオテンシンⅡ」の作用を抑える
高カリウム血症
ACE
阻害薬
「アンジオテンシンⅡ」の合成を阻害する痰のからまない咳
利尿薬尿を作ることで
血管内の水分とナトリウムを排出する
腎障害・糖尿病の悪化、
高尿酸血症など
β遮断薬心臓の働きを抑える 徐脈、気管支喘息の悪化、
糖尿病・脂質異常症の悪化
α遮断薬血管の収縮を抑える立ちくらみ

他の病気や年齢との兼ね合いもありますが、初めて降圧薬を処方する場合、

多くの医師が利尿薬・Ca拮抗薬・ACE阻害薬・ARBを選び、常用量の2分の1程度から処方し、

数か月かけて目標とする血圧値まで下げるのが一般的です。

この4種の降圧剤は副作用も比較的軽く、患者のQOL(生活の質)を維持しやすい薬です。

また、降圧薬の効き方には個人差があるため、

低用量で様子を見ながら治療をスタートする方が安全だからです。

しかし、目標とする血圧値にまで下げるには一種類の降圧薬だけでは難しいことが多く、

種類の異なる降圧薬を使用する方が良い結果が得られるという報告があるため、

最終的には2~3種類の降圧薬を併用することになるようです。

なお、近年の降圧薬は効果の持続時間が長いものが主流になっており、

1日1回の服用で済むものも増えています。

長期間飲み続けることになる降圧薬は、

飲み忘れを防止でき、煩わしくないものが好まれる傾向にあるわけですね。

 
いずれにせよ、医師の指示に従って、

処方された薬を決められた量だけきちんと飲み続けることが降圧薬治療の大前提です。

血圧は食べ物や気温の影響などでも変化しやすいですから、

目標となる血圧まで下がったように見えても一時的な可能性もあります。

自己判断で服用を中止するのは非常に危険です。

薬を減らしたい、副作用が辛いなどの要望がある時は医師に伝え、

降圧薬の種類や量を変更できないか聞いてみるようにしましょう。

また、降圧薬の治療を受けていても、生活習慣による血圧への影響が大きいことに変わりはありません。

薬を服用して血圧をコントロールしながら、生活習慣の改善によって高血圧の要因を排除していく

…これが高血圧治療の最も近道であることを忘れないようにしましょう。

関連記事

  1. 高血圧・動脈硬化

    その食事が危ない⁉血圧に悪い食事とは?

    生きていくために欠かせない食事も、グルメな現代人にとっては趣味…

  2. 高血圧・動脈硬化

    高血圧を改善する「お酢」の作用と効果的な摂り方

    お酢が体に良いことは昔から言われてきましたが、単なる迷…

  3. 高血圧・動脈硬化

    気をつけよう!妊娠中の高血圧

    重篤な合併症を伴うこともある高血圧ですが、妊娠という特…

  4. 高血圧・動脈硬化

    高血圧と血糖値の深い関係とは?改善するには

    血糖値が高いと「糖尿病」になるということは、広く知られています…

  5. 高血圧・動脈硬化

    〝しびれ”は危険のサイン 高血圧がもたらす合併症について

    高血圧は自覚症状に乏しいものの、命に関わる合併症が多いため「サ…

  6. 高血圧・動脈硬化

    その頭痛は高血圧のせい?原因と改善策について

    誰にでも起こる頭痛は、ありふれた症状であるだけに見過ごしてしま…

高血圧の記事一覧

最近の記事

  1. 老眼

    老眼ってどうやって調べるの?~検査の方法や料金について~
  2. 更年期障害

    トイレが近くなるのは更年期障害?
  3. 高血圧・動脈硬化

    高血圧の改善には肥満の解消が効果的である理由
  4. 高血圧・動脈硬化

    新常識!?高血圧と塩分の正しい関係とは?
  5. 高血圧・動脈硬化

    息切れは高血圧悪化のサインかも?
PAGE TOP